お勧めルートへ戻る  伊豆スカイラインルート ー 3
ルート &  チェックポイント
 伊豆スカイライン熱海峠(始点) 〜 天城高原(終点) →  クルージングを楽しんで下さい!
 大川・ぼなき石  徳川幕府が、江戸城をつくるのに使う大きな石を家来の
 大名(に献上せよと命令を出 しました。 
 江戸に近い伊豆に築城によい石があるということで
 多い時には、三千隻もの船が伊豆にやってきました。  
 河津・見高神社  江戸時代から三番叟が伝承され、
 地元の青年団がその伝統と
 芸能を保存している。
 毎年秋に薪能を披露される。
 その美しさは見事!! 
 河津・来宮神社   命は、その後 、禁酒されたと伝 えられ、今なお、この里の
 人々は命が難にあったその日 、現在 の十二月十八日から、
 七日間 、鳥精進 、酒精進 と称し、酒を飲むこと、鶏肉 、
 卵を食べることを禁 じられています。
 白浜神社  神々は初めての島 なので、「初島」と名づけました。
 二番目には、島焼きをする神々が集まる島 、神集島
 (かみつしま)(神津島(こうずしま)、三番目は大島。
 四番目は、海の塩をもったような白い島 、新島をつくり・・・
 柿崎・弁天島
  嘉永7年(1854)、黒船を追って、
 身分を隠して下田にやって
 来た吉田 松陰と弟子 金子 重輔は、嘉永7年3月27日
 (1854.4.24)、柿崎・弁天島の祠に隠れ、
 夜になるのを待って黒船に乗り付けました。 
 ハリスの小径  第2次大戦 末期に、日本海軍が本土防衛のため、
 特攻艇を格納するために掘った ものです。その特攻艇は
 通称「青蛙」と言われる「震洋」 又は、小型の特攻潜水艦
 「海竜」を 格納するため掘られたと 言われています。
 柿崎・三島神社  左の写真は三島神社内の吉田 松陰像
 右の写真は、吉田 松陰がかくまわれていた
 蓮台寺の村山邸。
 下田市街  嘉永7年3月3日 (1854.3.31)横浜で日米和親条約
 を結んで下田と箱館を開港させたカルブレイス・マシュー ・
  ペリーは、嘉永7年3月から4月までの間に黒船7隻を
 下田に集結 させました。

※ バイクを止めやすい場所を選んでいますが、撮影は安全を確認して下さいね※


ページトップに 戻る
Copyright(C) Pension Mtatsurino All rights reserved.