お勧めルートへ戻る  伊豆スカイラインルート ー 2 
ルート &  チェックポイント
 伊豆スカイライン熱海峠(始点) 〜 天城高原出口 〜 R135 → クルージングを楽しんで下さい!
 赤沢観音  天城高原出口〜R135へ出てしばらくすると、
 前方右手に観音様が
 見えてくる。 ぼなり石はその先を旧道へと入る。
 大川・ぼなき石  徳川幕府が、江戸城をつくるのに使う大きな石を家来の
 大名(に献上せよと命令を出 しました。 
 江戸に近い伊豆に築城によい石があるということで
 多い時には、三千隻もの船が伊豆にやってきました。 
 稲取・正定寺  志津摩のきつねに、どうしたら いたずらされないですむかと、
 相談していました。「わなをかけたらあ いい。」
 「鉄砲でうつのがよかるべえよ。」
 「鉄砲でうっちゃかわいそうだよ。」
 と、なかなかよい考えがみつかりませんでした。 
 河津・見高神社  江戸時代から三番叟が伝承され、
 地元の青年団がその伝統と
 芸能を保存している。
 毎年10月22日に薪能をが披露。
 その美しさは見事!!
 河津・栖足寺  噂には聞いたが、まだ、ほんとうの河童を見た者はありません 
 村人達は、お互いに顔を見合わせて、うなづきました。
 やっぱりこいつだ。 河童にちがいない。
 村人達の胸には、畑をらされたり、きゅうりを盗まれた
 悔しさがよみがえりました。 
 河津・来宮神社  命は、その後 、禁酒されたと伝 えられ、今なお、この里の
 人々は命が難にあったその日 、現在 の十二月十八日から、
 七日間 、鳥精進 、酒精進 と称し、酒を飲むこと、鶏肉 、
 卵を食べることを禁 じられています。
 蓮台寺温泉  嘉永7年(1854)、黒船を追って、 身分を隠して下田にやって
 来た吉田 松陰と弟子 金子 重輔は、嘉永7年3月27日
 (1854.4.24)、柿崎・弁天島の祠に隠れ、
 夜になるのを待って黒船に乗り付けました。 
 下田市街
 (ペリーロード)
 カルブレイス・マシュー ・ ペリーと乗組員達は、この道を通って
 了仙寺に向かった。江戸時代末期〜第二次世界大戦後まで、
 ここは所謂、花柳界として賑わった。
 今も当時の面影を漂わせる家並みの一角に、
 一際、目立つなまこ壁の旧家が現存する。 

※ バイクを止めやすい場所を選んでいますが、、撮影は安全を確認して下さいね。 ※



ページトップに 戻る

Copyright(C) Pension Mtatsurino All rights reserved.