プ ロ フ ィ ー ル

 名   前  用 務 員 なのだ!
 年   齢  1944年 生まれ
 バ イ ク  現在はBMWR-80 
 本来はアメリカン指向
 趣   味  JAZZ・クラシック音楽
 ・時代小説 
 モ ッ ト ー  今後の人生・・適当に
 ええ加減に生きたい!



1989年製(1990年登録)R80 BMWの電装品劣化があり、手こずったが、
何とか整備し、H27年10月に4年ぶりにユーザー車検を受けました。 
BMWライダーと整備上の苦労話ができればと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 Modern jazz 【 How high 】 をどうぞ!・・・音量を調整して!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

用務員・小生 と バイクの初めての出会い
 H・D BMW ドカティ トライアンフ BSA マチレス等、当時の外車は憧れの的だった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう、50年も前のことだ。

大正時代から英国製バイク(当時、国産大型バイクは
無かったようだ)を乗っていた親父が、戦後、マチレス か AJS?の500cc単気筒に乗っていた。 

小学生だった小生が遅刻しそうになると、親父がバイクの後ろに小生を乗せて学校へ送ってくれた。 

単気筒で又、クッションも良くないし、ゴツゴツと振動したの何となく覚えている。

育った東京・四谷三丁目は大通りで、進駐軍の外人さんが大型バイクを軽快に,、ねじ伏せて得意そうに走って来ると、「格好いい〜!」 
羨望の眼差しで、走って追っかけたものだ。 

当時の外車はハーレー・ダッビトソン BMW トライアンフ・ ノート・ BSA マチレス ・アリエル・スケアー4・ ホレックス・スドカティ・モトグッチ・・等まさに外車オンパレードだったね。

四谷でもそうだったので、横須賀辺りではもっと、

華やかだったんでしょうね。

大人になったら、何時か、バイクに乗りたい・・少年時代の夢だった。
 オートバイ 1965年5月号より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 日本で空前のバイク ブームが・・・・・・50年代〜70年代!

 日本の高度成長時代を支えた ホンダ・スズキ・ヤマハそしてカワサキが代表するバイク産業


 まつり野を訪れるライダーは最高齢が70代、そして40〜60代のライダーの多いこと、頼もしい限りだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


第二次大戦後、日本で空前のバイク ブームが起こった!

 H・D、BMW、トライアンフ、NSU、アドラー等の外国車のコピーバイクを造るメーカーが日本国内に乱立、

 鎬を削った創生期。  まさに、バイクも日本の高度成長を支えた産業だった。 そして、日本中が物造りに夢中になっていたね。

 (小生も子供時代から機械いじりが好きで、後年、造船所のエンジニアーに従事していた。)

 誰もが白バイで採用の陸王、メグロ 又、ライラック・キャブトン等、大型自動二輪車に憧れを抱いていた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



モーターファン ’74オートバイカタログ 3月臨時増刊版 より抜粋
 TRIUMP BONNEVILLE 750
 724cc 52ps/7000RPM 176kg
 NOTRON COMMANDO 850
 INTERSTATES
 828cc 60PS/6200RPM 225kg
 BMW R90 S900cc 67ps/7000RPM   215kg



  バイクを造る人・・売る人・・乗る人・・立場の違いこそあれ夢がある。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 当時の価格が27万円前後と記憶がある。 性能も500〜750ccで26PS前後、現在のバイクの

 比ではない・・でも、庶民には、ローンの様な支払い方法も確立されてなく、高嶺の花。

 価格も手頃な、メグロ・Sシリーズ,ホンダ・ドリーム、ヤマハ・YDS、スズキ・コレダ等の250cc 〜

 トーハツ・ランペット、ホンダ・スーパーカブ、の50cc等、その他多くのバイクを求め、

 現在の様にファッショナブルなウエアーも無く、皮ジャンと新聞紙で遠乗り(ツーリング)を楽しんだ。

 60年代初頭はメーカーの切磋琢磨の努力の差とライダーの好みが大きく分かれた時代だったね
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モーターファン ’74オートバイカタログ 3月臨時増刊版 より抜粋
 BENELLI 740 SEI
 747cc 76PS/9000RPM
 DUCATI 750 S
 748cc 185kg
 HERCULES W2000
 294cc 25ps/6500RPM 160kg


  世相が変わって・・人が変わって・・バイクライフも変わって・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 高性能で100万円以上のバイクを何故、乗るの? それが無くても生活に困らないよねと
 ・・聞く・・・でも、自分が??だと自覚している事が賢いんだよね。

 オープン以来、2000人前後のライダーと話しをする機会を得た。

 世相が変わると同様にバイクの楽しみ方も変わってきているね。 

 自分のバイクライフにあわせてバイク選びとツーリングの楽しみ方が多彩になっている・・・

 話を聞くとああ、人それぞれ、楽しみ方に違いがあるんだなーと感じる。

 その一つがバイクとパソコンだ、。 そのパソコンを使って自分のツーリング・レポート作成し、

 旅のまとめとして楽しむ・・・そして、次の旅のイメージを膨らませる・・相性がいいんだね!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モーターファン ’74オートバイカタログ 3月臨時増刊版 より抜粋
 HONDA CB750 HOUR
 736cc 67ps/8000RPM
 SUZUKI GT750B738cc
  67ps/6500RPM 225kg
 YAMAHA TX750743cc
  63ps/6500RPM 210kg





 初めて手に入れたバイク・・・HOSK・DB TWIN 500cc

 (我が青春にHOSKがあった! これで、俺も大人の仲間入りだ〜!)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 1965年7月下旬、小生が21歳の時だった。 本屋でモーターサイクリスト8月号を買う。 

 「中古車売買案内」欄に、1959年製 HOSK・DB TWIN500(検切れ)が2万円・・ ガ〜ン!

 当然、学校をさぼる・・本屋から直接上野駅。

 列車に飛び乗る・・いざ、群馬県大間々へ。

 探しまくった〜〜! 

 息子(幼児)の名前で投稿していたので、

 やっとこせー、見つけた。

 雑誌が発売された日に訪問したのだが、
 
 既に、新潟と京都から問い合わあった由。 

 当日・・・・商談成立ならず、連絡を待つ事で、

 
寂しく帰宅。
(当時の雑誌を20冊程度保存)

イギリス車スタイルのHOSKはカムチェーン駆動によOHCを採用、性能的にもトップレベルにあった重量車

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 (株)晶和製作所 (1960年)  全長:2,190mm 全幅:750mm  全高:1,430mm 車重:198kg

 空冷4サイクルOHC 2気筒  ボアーxストローク:63x80mm  498cc/26ps/5200rpm 

 最高時速:135km   始動:キック方式  前進4段  価格31万8000円
 モーターサイクリスト誌

 (1945〜1997) より抜粋

 HOSK ロードクィーン DB
 (小生が手に入れたモデル)
 HOSK DB スポーツ
 (生産台数は少ないのでは)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そろそろ、諦めかけた頃、群馬から電話だ〜!  親父が出て来て、話か通じず、とんちんかん・・・、

 受話器を受け取り、譲ってもらえるとの事・・・やった〜!

 金が無い!親父に頭を下げ借りる事に・・・後日、バイト(当時はなかなか、バイトが無かった)で返済。

 未だ、無免許だったので、所有者の方が、仮ナンバーで群馬から四谷三丁目まで乗って来てくれた。

 これは、嬉しかった〜!

 生まれて初めて、働いたお金でバイクを買う・・・これで、大人の仲間入り・・・と思った。

 発売元である神田の「山田輪盛館」へ行き、消耗品類買い求め・・・、

 整備後、車検取得・・自動車屋で9000円位だったか。 (バイクの免許を取ったのは言うまでもない)

 週末のツーリング&通学にと、HOSKで走りまくった。 

 後に就職先の遠州地方にバイクを運び、ツーリングを楽しむ。

 その後、学生時代の友人が欲しいと言うので譲った。

 時が流れて、雑誌などで、HOSKの写真が出ると、懐かしさで胸がこみ上げてくる。

 我が青春に、強烈なインパクトを与えてくれたHOSKであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ページトップに 戻る

Copyright(C) Pension Mtatsurino All rights reserved.