僕の青春にバイクがあった!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 バイクが青春だった。 思い出がセピア色の彼方に消え去らぬままに、
 先駆者の闊達なる記録を残しておこう。

      名車ホスク設計者の栄光の指輪
 (取材・文:木曾 洋介氏)・・・GOGGLE誌 1987/12月号 より抜粋

******************************** *************************************** 
 Modern jazz 【 smone2wt 】 をどうぞ!・・・音量を調整して!
******************************** *************************************** 

世界を制した日本の二輪車、4輪車が産業として誕生するずっと前から
彼は内燃機関をいじくりまわしてきた。

彼の年季を越えるエンジニアはおそらくいないだろう。 手づくりのエンジンから名車ホスクへ・・・・。  
前回の 「昭和5年北ア一番乗り」 男の戦後・怒濤編。

                      第37回(第2部)清水 春雄氏(80歳・1987年12月現在)

***********************************************************************


アタシのエンジンは、鉄砲の音が連続するような音だな。

この音が高いほどいい。

キンキン鳴くほどいいんだ。

「最近の若い人は、戦争ってもんを知らんでしょう。 きょうは、あなたにいいものをみせようと思って・・・・」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そういうと、座っている後から、
なにやら、いわくありげな黄ばんだ衣装を引きずり出して キンチャク口 をあけた。

清水春雄さん(80歳))は、手を突っこむと ガチャガチャ とさぐり、テーブルの上に重そうにならべはじめたのは、
鉄片やプラグ、鉄砲の弾、鉄片は赤く錆びついて、厚めのビーフジャーキーのようだ。


「ノモハン事件の時のソ連軍の大砲の破片ですよ。
こいつが雨、アラレととんでくる。

小さい弾は飛行機からの機銃掃射されて降ってきた弾丸。
ホウキでジャラッと掃くほど沢山であった。」

袋の中からは、茶色くなった日の丸や勲章などが玉手箱のように湧き出し、
古い歴史映画のように匂いを存分にただよわせはじめた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ボクが前回、清水春雄さんを訪ねたときは、夏の暑い盛りで、扇風機が部屋のぬるい空気をかきまぜていた。

その時彼は

「ちょうど今日はノモハン事件(昭和14年、満州=現在の中国東北地方とソ連境界で起こった紛争)で
戦死した戦友の命日で墓まいりにいってきたばかりだ」

そう話していた。
それからひと月、すっかり秋めいて、風も乾いて気持ちがいい。

すでに このことは前号で詳しく紹介したのだが、清水春雄さんは、昭和2年頃から、オートバイに乗りはじめ
「北アルプス一番乗り」 で有名になり、井の頭サーキットで、ぶっちぎりの速さを誇ったレーサーであった。

戦後も終始オートバイと縁が切れることはなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ノモハンにいた仲間は、その後シンガポール攻撃へと参加し、ほとんどの仲間は死んでいった。
清水さんはノモハンで骨折し、招集解除となって、からくも戦争をまぬがれて生きのびてきた。

清水さんが、生涯、自分のそばから決して離さなかった 「軍人袋」 はそうした、たまたまひろった命を、
何度も自分にいい聞かせる、いわばお守りのようなものだったにちがいない。

ボクはそんな勝手な想像を頭の奥でめぐらしながらグロテスクな砲弾の破片に、しばしながめ入っていた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
招集解除の身分のまま疎開先の群馬の工場で 「モグモグいってなんだかわからない」 玉音放送を聞き、
負け戦のヤケ酒を飲んで戦後をむかえることとなった。

砲弾の破片、数々の自分の写真・・・・

彼が疎開先にはこんだため焼失をまぬがれた貴重なものは、
それだけにとどまらなかった。

戦前、井の頭サーキットで、
圧倒的勝利を飾った手造りオートバイを解体し、

「サンシャイン」と名づけた自らの分身ともいえるエンジンも
群馬に運びこんでいた。


井の頭サーキットで行われたレース表彰式の風景。
上に下がっているのはスポンサーの垂れ幕

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が自分でありつづけることの証拠というべきであろうか。

特に時代が早瀬を走る水のような勢いで変わっていく時に、自分を支え、自分を見つめつづけ、
自分を失わないようにさせる宝ものを、彼は、しっかりと隠しもっていた。

「そのエンジンは、昭和10年頃、イギリスのAJSをまねて自分で作ったもので、
排気量200CC。チェーンカム、オーバーヘッドバルブなんだ。

戦前、清水モーターってオートバイ屋をやっていて、外国のエンジンをいろいろ見たうえで作ったもの。
カムチェーンなんてその頃なかった。

一万回転もまわるエンジンで、井の頭では負けたことがなかったよ。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
戦後、まだ世の中が混乱している中で多摩川のサーキットが開き、やがて船橋オートが始まることとなる。

「知り合いの電気屋で、小林って男がいたんだ」
清水さんは大きな体をゆすりながら話し始めた。

「そいつがアタシんところへきて、
オレはどうしてもオートレースの選手になりてえっていうんだ。

アタシももう若くないし、戦争で足を痛めている。
そんじゃあって サンシャイン をひっぱり出してきたんだ。」


人間がばかげた殺し合いなどをやっている間、
ずっと昔の甘い夢を見つづけてきた自作のエンジンの埃を払った。

フレームは手造りし、車輪はオンボロ・リヤカーのそれを代用した。

「最初、多摩川へ行った時、小林はおっかねえって酒を飲みはじめるんだよ。

バカヤロー! 
レースはそんなんじゃねえって 取り上げたんだ。




基地の外人と「負けたほうが自分の
バイクをかついでコースを一周する」
という賭をして、見事勝った時のもの

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サンシャインエンジンはコンプレッションも上げてあるし、バルブタイミングもレース用にしてあるんで、
燃焼室内の爆発音が高い上に、それがそのまんま外に出る。

鉄砲の音が連続するようなエンジン音だな。 
この音が高いほどいい。 キンキン鳴くほどいいんだ。

最近の若い衆が、その辺で、得意げに大きな音を出して
走っているけど、あんなくもった音じゃダメなんだよ。」


このリヤカー・マシンは昭和25年にデビューすると、
たちまち、トロフィーを独占してしまった。

「その頃、トーハツがナンバー・ワンだったんだ。 

しかしね、
アタシがでてからは、トーハツなんておもちゃさ」 

清水さんは嬉しそうに、大声で笑った。 
戦争は、なにもかもをモラトリアムにしてしていた。

サンシャインはまだ誰にも負けやしなかった。
 
このようなバイク屋がレースを主催していた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その頃、ピストル型のオイル差し や 女性の靴下のデンセン修理用エアミシン などを作って

糊口をしのいでいた清水モーターは、レースのサポートで急に忙しくなった。

社長一人、工員一人の小さな町工場だった。


その頃、このレースを欠かさず見にくる男がいた。



これも多摩川で四輪のレース、
このマシンは本田さんが手掛けていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京・神田に立派な外国製オートバイの輸入販売業を営んでいた
山田輪盛館の社長・大関 日出吉氏であった。

清水さんの自作エンジンを積んだリヤカー・マシンはタンクを真赤に 塗ってあった。

レース新聞の予想はいつも 「本命は赤とんぼの小林」 と書きたてた。

オートレースでは、お立ち台でマシンとレーサーの姿形を見せ、
次にパドックで軽い走りを見せると、客は車券を買いに走るのだ。
多摩川サーキットの入場券、
正式名をオリンピアスピードウェイという

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「客は金を賭けているでしょ、よく見えるんだ。
今日は小林が白いズボンをはいているから

アタマ間違いなしだ、なんてよくいわれたもんだ。

つまりね、

白いズボンをはいた時はいつだって優勝していたからね。
勝負はジンクスってものがある。

その魔法の白いズボンは 、アタシが戦前レースに
出たとき、ぜったい負けなかったズボンだったんですよ。

もとはといえば、質屋のオヤジからアタシがもらった
乗馬ズボン。 

でも確かに小林がこれをはいたら早かった。
客はよく知っていたんだなあ。」



井の頭サーキットは整地されたオーバルなダートコースで、
後ろの方に写る木に、激突する選手が多かったという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
清水さんがそういってしみじみ話すのを奥さんの静さん(65歳)はそばでニコニコ聞いている。

「で、その後の小林のことかい?

うーん、あいつはレースで大活躍をその後もしたんだが、
よくあることで、八百長やって、だんだんダメになって、

オートレースから足をあらったあとはリース業を始めて大当たり、金持ちになった。
それでも3年前に死んじまった。

アタシより6歳年下だったのに・・・・・みんな死んじまったよなあ・・・・ヒラタ も タシロ も オオヤマ も・・・・」


清水はさんは目の前に開いたアルバムの集合写真を指してそういった。
戦争が終わってほっとした顔がならんでいた。

写真は少し霞がかかったようにくすんでいた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まだ東京は戦後のゴタゴタが続いていたし、焼け跡、闇市がそこここに巣食っていた。
東大久保の抜け弁天あたりにあった清水モーターだってご多聞に漏れないバラックであった。

「清水さん、私と一緒に仕事しませんか。 あなたが作り私が売りましょう。」
ある日、山田輪盛館の大関社長が、そう声をかけてきた。

昭和26年、清水モーターの看板を「山輪研究所」と書きかえて新エンジン 「ヤマリン号」 の
制作にとりかかった。


エンジンを開発する
清水さん

以前、ボクは山田輪盛館の修理工であった男谷昭三さんに「ヤマリン号誕生の瞬間」を詳細に聞いたことがある。

こんな様子だったという・・・・・・・

昭和26年のたしか寒い日だった。
品川駅の海側の50坪ほどのこじんまりとした旋盤工場にみんな息をつめるようにして集まった。

山輪専務の男谷博夫さん、設計者の清水春雄さん、旋盤工場のスタッフ4〜5名と修理工の男谷昭三さんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
仕上げ台の上では、小さなアルミエンジンが裸電球の下でにぶく光っていた。
磨きあげたフライホイールが見えていた。

設計者の清水さんが軸センターにタコメーターを付け、エンジンに火を入れた。

突然、工場は大音響に包まれ,空気がふるえ、小さなアルミのかたまりは火を吹いてまわった。 
OHC,シングルポート、149.6cc 「ヤマリン号」 初号エンジンの誕生である。

フリーで一万 〜 一万五千回転は回るように設計されていた。

スロットルを全開にしたとたん、

フライホイールをしめていたセンターナットがはずれ、フライホイールは工場中をかけまわって、
第一回の実験は中止となった。


だが大成功であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
拍手と共に一升瓶の御神酒が用意され、荒々しい産声をあげたエンジンにかけられた。

すでに午前2時であった・・・・・

「ヤマリン号」 エンジン は船橋の清水サンシャイン号の
後を引き継いで勝ち名乗りを上げ、

たちまちのうちにビリヤースの2ストや、

キリン・ポインターを抜き去り、
驚異の150連勝を記録していくのである。


この実績をテコに、
清水さんの山輪研究所が山田輪盛館にエンジンをおろし、

山田輪盛館がこれにさまざまな自社開発の部品を加えて、
静岡の昌和製作所 に納入した。

大好調の時は、月産450台というから、
相当のものだったようだ。
山田輪盛館の全社員
ヤマリンエンジンを積んだ 昌和SH は、昭和28年7月の第1回富士登山レースでは
なんと1位から4位まで独占する快挙をとげ、名声は頂点に達した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「これはもうかった、ヤマリンも もうかってもうかって、当時、MGのオープンカーは日本に二台しかなかった。
一台は俳優の三船敏郎さん、もう一台は山輪の社長だったんだ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やがて、そのうち昌和製作所がエンジンの自主開発をスタートさせたため、
このウハウハのもうけ話も転機をせまられることになった。 

つまり、ヤマリン製オートバイの開発だった。

新たに、山輪が全額出資のアッセンブリー工場 「日本高速機関」 を設立することになった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オートバイの名前は、
ここに集まった主要スタッフ、堀、大関、男谷、清水、木村、小島などの頭文字をとって「HOSK」と決定した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
開発の狙いは、

外国車輸入販売のトップ企業が生産する国産車という点からいっても、
外国車に比肩出来る高品質、高性能マシンであった。

オートバイの歴史をひもといてみると、
必ずホスクには 「美しい」 「技術レベルの高い」

「本格的」 などという形容詞が踊っている。

特に 「早すぎたマシン」 などという形容で語られるほど、
そのデザインは今日的であり、技術的にもハイレベルを誇っていた。


浅間レースに参加したときのもの

~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが名車ホスクDB・QUEEN
 清水春雄さん という傑出したエンジニア、
 それも昭和の初めからオートバイをいじくりまわしているベテランと、

 山輪 という日本一のオートバイ販売業という

 二人の男の実力の見事な組み合わせが生んだ、
 史上まれに見る名車だった、といってもほめすぎではないだろう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ページトップに 戻る
Copyright(C) Pension Mtatsurino All rights reserved.